• ポイントを絞った住宅展示場の見方

    • 住宅展示場は住宅を持ちたい方にとって、一つのきっかけを与えてくれます。

      住宅の依頼先には、大手住宅メーカー、地元工務店、不動産デベロッパー、設計事務所があります。

      この中で、住宅展示場に出展しているのは大手住宅メーカーが大半を占めます。工務店が展示場を開催するのは、単独のものがほとんどです。

      不動産デベロッパーは建売住宅の形で住宅を展示し、設計事務所の実例は、既存住宅を見るしかありません。

      その中で、住宅展示場を見る意味は、大手住宅メーカーの特徴を知ることの他に、大手住宅メーカーからは得られない部分はどこかをはっきりさせることです。


      大手住宅メーカーの全てがそこに出展しているわけではなく、一部の会社が出展しているにすぎません。そこで依頼先を決めるのではなく、広く見識を広める意味で、気楽に見てまわるのが良い見方です。

      住宅展示場では、最新の工法や、住宅は今どんなテーマで建てられているのかを知ることができます。

      以前は広い土地に建つ大きな住宅が展示される傾向にありましたが、最近は狭小住宅や二世帯住宅、店舗併用住宅や3階建て住宅など、顧客の要望にかなう様々な提案がなされています。

      土地を求める場合の注意点や、受託資金の調達の仕方を教えてくれる場合もあります。

      住宅展示場には、各社のベテラン営業マンが配置されています。

      ベテラン営業マンは住宅の知識の宝庫です。

      よほど特殊な質問でなければ、そんな質問にも答えてくれます。自分が悩んでいることや、疑問に思うことは何でも質問してみるのが得策です。
      大手住宅メーカーでは物足りない部分が発見できたら大きな収穫です。

      物足りない部分は何かを把握し、工務店や設計事務所へ依頼する場合の参考としたいものです。

      各社の展示では、その会社が何に力をいているかを見ることが大切です。

      新しい構造方法を提案している会社、省エネや太陽光発電を積極的に行っている会社、バリアフリーで年配者でも安心して生活できる住宅をアピールしている会社などがあります。

      それぞれに、はっとした気づきがあるものです。

      各社の展示では、その会社に依頼した場合の設計の自由度を聞くことも大切です。
      標準的な仕様ではどの程度の住宅を建てられるのかや、オプションの追加により費用がどれくらい上乗せになるかは、正確に把握しておきたいものです。


      物足りない部分や、自分が建てようとする住宅と条件が違う場合は、どこがどう違うのかを把握することが大切です。


      展示場へは目的を変えて何度も訪れる方法が効果的です。


      特に役立つのがインテリアや外構のやり方です。

      どれも一流のものばかりで、とても参考になります。

      家具はそれだけで見る価値があり、どのメーカーのものなのかを聞いておくのも役立ちます。

      もし、展示場で気に入った住宅が見つかったら幸いです。


      営業マンと気があったら、その営業マンに依頼することもできます。

      もし、気に入った住宅が見つからなくても、そこから得られる情報は、今後の家福利な役立つはずです。

      加古川の住宅展示場に関する口コミ情報を募集しています。

      幅広い分野の中野の不動産の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

      盛岡の土地情報について考えます。

      練馬区の一戸建ての情報が必要な方必見です。

      東京の新築一戸建ての情報も多数ご用意しました。

      http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/6901692/

      http://okwave.jp/qa/q5900361.html

      https://works.medical.nikkeibp.co.jp/tokyo/koutouku/kokusaitennjijou/facility-form6/

  • 関連リンク

    • 失敗しない注文住宅の家づくり

      理想的な家を出逃げたい場合は注文住宅が最適になってきますが、家づくりに関する知識をあまり持っていない方の多くは不安を感じることも多いのではないでしょうか。実際に注文住宅で家づくりを行った際に様々な失敗を感じている方も少なくありません。...

    • 新築一戸建てを建てる際のハウスメーカー選び

      アパートやマンション暮らしから新築一戸建ての暮らしになる場合、様々な変化がありますが、メリットを感じる方が多いようです。アパートやマンションの場合は、お隣さんと隣接しているので、生活音などに対しても敏感になってしまう事も多く、それがストレスになってしまい窮屈な生活を余儀なくされている方も少なくないでしょう。...